2010年02月17日

音楽ネット配信で請求トラブル=「iTunes」で多発、注意喚起−消費者庁(時事通信)

 インターネットの音楽配信サービスをめぐって、身に覚えのない料金を請求されるなどのトラブルが多発しているとして、消費者庁は12日、注意を呼び掛ける情報を同庁ホームページに掲載した。大半は米アップル社の有料配信サイト「iTunesStore(アイチューンズストア)」にクレジット情報を登録した利用者といい、同庁は来週にも同社日本法人の担当者を呼び、説明と利用者への注意喚起などを要請する。
 消費者庁によると、関東地方の女性が音楽ソフト十数万円分をダウンロードしたとしてカード会社から覚えのない代金を請求されるなど、同ストア絡みの料金トラブルが昨年秋から急増。同庁が聞き取りしたカード大手5社だけで、相談件数は計95件に上り、1人当たりの請求額も各社ごとの平均で5〜25万円と高額という。 

【関連ニュース】
詳報iPad アップル、次は電子書籍に挑戦
並行輸入業者もカバー配布=英ベビーカー事故
マルチ3社、90億円所得隠し=ネット上の仮想空間ビジネス
ソフトバンクが独り勝ち=ドコモ、KDDIは減収減益-4〜12月期
「iPad」、米で03年に商標申請=アップルと争う可能性も

<水俣病>第三者委で判定 国が提案、患者会側は前向き(毎日新聞)
広島県沖の無人島、1億1万円で落札か(読売新聞)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(3)「働ける」平均66歳、年商5億(産経新聞)
<薬害肝炎>被害者の3分の1が退職・転職…研究班初調査(毎日新聞)
<足利事件>謝罪論告わずか1分 菅家さん表情硬く(毎日新聞)
posted by テルイ ケンジ at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。